品川入国管理局の通訳事情

| トラックバック(0)
品川入国管理局へ行くときには品川埠頭に行くのと同じなので、まあ、何もないのです。

例えば、国際結婚による配偶者のビザは国ごとに婚姻を行う法律が異なるため、自分で申請
を行う場合は十分な知識が必要となります。
もし、結婚相手の国の法律を理解していなければ、申請に多大な時間を費やすことになります。

品川入国管理局に食堂はあるのか?という疑問はあるのですが、ないようです。

品川入国管理局へのビザ申請代行サービスは、このような難しいケースをスムーズに解決して、
配偶者のビザ申請のほかに在留資格申請できるメリットもあります。
また、海外でのビジネスやスポーツなどに必要な短期査証(観光ビザ)申請サポートも行っています。

品川入国管理局の6階には、オーバーステイ専用の受付もあります。

トラックバック(0)

トラックバックURL:

このブログ記事について

このページは、tsalが2014年2月 4日 03:45に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「リスニングのコツと英語能力」です。

次のブログ記事は「興行ビザという魔物」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

2017年4月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30